バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース5月
取材申込
取材をご希望の方へNEW!
くまぐす募金
寄付者ご芳名NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
=休館日
顕彰館へようこそ
顕彰館建設の経緯3
顕彰館建設の経緯1へ顕彰館建設の経緯2へ
■南方熊楠顕彰・顕彰館建設の経緯
年(西暦) 年(年号)  
1942
昭和17
9月
南方邸は南方植物研究所として保存(毎日新聞和歌山版)
1947
22
10月
「ミナカタソサエティ」設立。出版を協議
1950
25
5月
『南方熊楠全集』(乾元社)刊行開始
1954
29
3月
田辺市で南方会館建設委員会設置
1963
38
5月
白浜番所山に天皇歌碑建立
1965
40
4月
(財)南方熊楠記念館開館
1971
46
2月
『南方熊楠全集』(平凡社)刊行開始。
<1975年8月まで全10巻、別巻2巻を出版>
1976
51
8月
南方熊楠没後35周年記念講演会(紀南文化財研究会)
1986
61
田辺市観光ビジョン策定
1987
62
6月
南方熊楠邸保存顕彰会が発足
7月
『南方熊楠日記』(八坂書房)刊行開始。1989年1月まで4巻出版
1989
平成元
10月
南方熊楠邸保存顕彰会による募金活動始まる
(約2.5億円の寄付金を田辺市の基金として積立)
1990
11
2月
南方熊楠邸書庫調査開始
1991
3
7月
南方熊楠翁没後50周年記念「超人南方熊楠展」開催
11月
第1回南方熊楠賞表彰式
1996
8
12月
南方熊楠研究所(仮称)予定地として隣接地を購入
1997
9
8月
南方熊楠生誕130周年記念「第1回南方熊楠ゼミナール」開催
1999
11
2月
「熊楠研究」第1号発行(以降、毎年1号を発刊)
2000
12
6月
南方文枝氏(熊楠長女)没
南方熊楠邸をはじめとして、邸内資料等遺産を田辺市に遺贈
2002
14
3月
顕彰会で南方熊楠研究所(仮称)基本構想を策定(市に具体的事業の着手を提言)
2002
14
4月
南方熊楠研究所(仮称)建設委員会設置
2003
15
3月
「南方熊楠研究所(仮称)基本計画案」策定(建設委員会より答申)
5月
南方熊楠研究所(仮称)設計提案競技公募開始
10月
     〃    最終審査
12月
     〃    最優秀作品提案者に設計業務委託
2004
16
8月
正式名称を「南方熊楠顕彰館(以下、顕彰館)」と決定する。
10月
顕彰館起工式
2005
17
4月
顕彰館開館に向け、南方熊楠邸保存顕彰会が規約改正により、新体制へ移行。(名称を「南方熊楠顕彰会」、会員(会費)制の導入等)
7月
南方熊楠顕彰館竣工
11月
南方熊楠邸改修整備着工
2006
18
5月
南方熊楠顕彰館開館・南方熊楠邸公開再開
【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED