バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース5月
取材申込
取材をご希望の方へNEW!
くまぐす募金
くまぐす募金にご協力をNEW!
寄付者ご芳名NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
=休館日
「知の巨人」の生涯
世界を駆け抜けた博物学者〜南方熊楠
新・田辺市民読本「南方熊楠」より
■在英時代(明治25年〜明治33年)
 たえず各地を転々とする熊楠への書信は、アメリカでは日本領事館がそのあて先に使われ、イギリスでは、横浜正金銀行倫敦支店が利用されることが多かった。
 父は1892年8月8日に死去したが、熊楠がその報を受け取ったのはロンドン上陸直後の9月28日である。兄や弟の前では、熊楠に対して厳しい注文をつける父であったが、陰に回って庇護を惜しまなかった父だけに、その死の知らせは熊楠を暗澹とさせた。生前何もむくいることのなかった父のために、このロンドンで精いっぱい学問を吸収したい、一人心にそう誓うのだった。在英7年余、その大半は大英博物館での読書と筆写に明けくれ、当時のノート「ロンドン抜書」52冊、1万800ページを成したことは父へのそうした思いがこめられているのであろう。ロンドンに着いて5年目には母の訃報も受け取っている。
 そのような中で、熊楠は大英博物館を拠点に水を得た魚のように学問活動の場を広げていった。1893年に大英博物館副館長格であったフランクスに見出された熊楠は、その助手のリードに日本語や中国語に関する助言を依頼され、東洋美術部に出入りするようになった。1895年には博物館中央にある円形ドーム型大閲覧室で「ロンドン抜書」の作成を開始、また東洋書籍部のダグラスとも親交を持った。
 これと並行するように、熊楠は処女作の「東洋の星座」を皮切りに、当時科学雑誌としての権威を高めつつあった『ネイチャー』誌にたびたび投稿し、東洋にも固有の科学思想があったことを紹介し続けた。熊楠の『ネイチャー』掲載論文は生涯で51本に上るが、これは同誌の歴代の投稿者の中でも単著としては最高記録であると言われている。また、ロンドン時代の後期からは民俗学の情報交換雑誌である『ノーツ・アンド・クエリーズ』にも寄稿を始め、「さまよえるユダヤ人」や「神跡考」といった、大英博物館での筆写によって研鑽を積んだ比較民俗学の成果を発表するようになっていった。
 このロンドン時代には、熊楠はさまざまな交友関係にも恵まれた。大英博物館のダグラスの下で、ある日紹介された中国人青年の孫文と意気投合したが、この孫文こそは後に辛亥革命によって清国を倒して臨時大統領となり、近代中国の基礎を作る人物である。日本文学研究者のディキンズとは、時に論争をしながらも長い交流関係を持ち、『方丈記』を共同訳したり、『古事記』などの翻訳の助言を与えたりした。ロンドン時代の初期に日本人真言僧の土宜法龍と出会ったことも、その後の熊楠の人生に大きな影響を与えた。交流は法龍がパリに移った後も文通により続き、仏教を中心とするさまざまな意見を交換する。
 しかし、熊楠にとって、物価の高いロンドンで学問一筋の生活を続けることは容易ではなかった。実家からの仕送りに頼っていた熊楠であるが、当時、家業を継いだ常楠も米価の高騰、株価の大暴落という事態にしばしば遭遇して金策に苦慮していた。当然、熊楠への送金も滞りがちになる。骨董商と手を組んで、怪しげな浮世絵に面白おかしく賛をして売り歩くこともしなければならない熊楠であった。
 送金の滞ったことに対していらだっていた熊楠は、1897年にささいなことから館内で他の利用者を殴打するという事件を起こし、大英博物館での自由が束縛されることになった。その後、大英博物館を去った熊楠は、自然史博物館やビクトリア・アンド・アルバート博物館を拠点とした学問活動を続けるが、1900年9月、ついにロンドンでの生活をあきらめて帰国の途につくことになった。33歳の時のことであった。
幼少年期(慶応3年〜明治16年)東京修学時代(明治16年〜明治19年)在米時代(明治20年〜明治25年)在英時代(明治25年〜明治33年)帰国から那智へ(明治33年〜大正2年)神社合祀反対運動南方植物研究所民俗学植物学進講・進献熊楠を助けた人々没後の顕彰南方熊楠略年譜
【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED