バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース5月NEW!
取材申込
取材をご希望の方へNEW!
くまぐす募金
寄付者ご芳名NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(6月)(7月)(8月)
=休館日
「知の巨人」の生涯
世界を駆け抜けた博物学者〜南方熊楠
新・田辺市民読本「南方熊楠」より
■神社合祀反対運動
 明治37年秋、那智での隠花植物採集を終了した熊楠は、本宮から熊野古道を経て田辺にたどり着き、定住することになる。田辺に家を借りていた熊楠は、毎日のように近郊の山野を歩き、植物調査に余念がなかった。4年ほどの調査で50種あまりの粘菌を見出し、菌、藻類、地衣類にしても田辺付近が発見の多い地であると喜んだ。これら新種、珍品の現れる場所は、糸田にある猿神社の巨大なタブノキ、神楽神社の溜池、龍神山の境内といったような、うっそうと茂った社寺林の中であった。
 明治39年には、親友の喜多幅武三郎の勧めで結婚もし、長男も生まれた。ようやくに得た安らぎかと思われた矢先、降ってわいた受難は、時の政府が推進した神社合祀だった。1町村1社を標準とし、整理統合された数多くの神社跡は、その神社林が払い下げられ伐採されていく。熊楠の主たる研究対象は、この神社の森に保護された微小な生物であり、神社を単位とした共同体の風習や伝承である。それが一朝にして破壊の危機に立たされた。
 猿神社のタブノキも伐られ、その木の窪みから発見した、美しい緑の光を放つ新種の粘菌は、もはや見ることはできない。森がはぐくんできた数千万年の生物が、合祀令によって一朝に消え失せる。産土神を遠くの神社に合祀され、参詣の不便さをなげく村民の声を聞くにつけ、また、合祀後の払い下げを見込んで巨樹の多い神社を合祀の対象に選ぶ神官や郡長らの所行を見るにつけ、熊楠は怒りを爆発させた。それまではかかわりを持たなかった地方の新聞に、連日のように神社合併の不条理をあばく投書を続け、一方、代議士中村啓次郎を通して衆議院での質問、柳田国男らに中央での働きかけを期待する書簡を書きつづった。
 熊楠は、一切の研究を放棄して反対運動にのめりこんだ。合祀推進の官吏が来ていると知って、その会場に押しかけ家宅侵入の容疑で拘留されたこともある。また、新聞投稿の記事が風俗壊乱であるとされ、罰金を課せられるもした。「仏説に、樹を植え、木を保存するを一つの功徳とす。小生は幼少より学仏の徒なれば、愚者の一徳として発起、且、随喜し従事する所ろなり」―熊楠の所信である。妻の松枝は神官の娘で、もっともつらい立場にあった。泣いていさめたことが、反対の鉾先をにぶらせたとして熊楠の怒りを買い「妻を斬るとて大騒ぎせし」という事態もあった。明治42、3年頃は、熊楠にとって阿修羅の時代だった。大正2年、父祖の産土神、大山神社(現日高川町)も合祀の憂き目にあった。
幼少年期(慶応3年〜明治16年)東京修学時代(明治16年〜明治19年)在米時代(明治20年〜明治25年)在英時代(明治25年〜明治33年)帰国から那智へ(明治33年〜大正2年)神社合祀反対運動南方植物研究所民俗学植物学進講・進献熊楠を助けた人々没後の顕彰南方熊楠略年譜
【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED