バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(3月)(4月)(5月)
=休館日
「知の巨人」の生涯
世界を駆け抜けた博物学者〜南方熊楠
新・田辺市民読本「南方熊楠」より
■民俗学
 かつてロンドンで民俗学・人類学における名だたる学者たちと「鶤鳳の間に起居した」誇りは、帰国後、熊野という辺境にあっても失われず「未見未聞のことを新たに見出し、考え出すには」田舎ぐらしも決して捨てたものではないと、熊楠は植物調査のかたわら、見聞した熊野の伝承や風俗を記録し、血肉化していった。
 田辺に来住した当初(明治37年から大正5年頃まで)熊楠はよく銭湯へ通った。当時の日記には「夜10時過ぎ油岩を訪う。12時、今福湯に入り帰る」と記すことが多いが、油岩は、生花の師匠広畠岩吉の家号で、熊楠も「歩く百科事典」とほめるほど諸芸に通じ、豊富な話題をもっていた。話し好きなところから油岩の家は老人連の会所のようにもなっていたので熊楠は銭湯の行き帰りにはかならず顔を出していた。今福湯は、油岩から2、3軒おいたところで、夜が更けると、遅くまで仕事をした職人たちがどやどやと繰り込んでくる。熊楠は、洗い場に腰を据えて、入れ替わりやってくる職人たちをつかまえて話し込む。面白い話にぶっかると、次の晩も、もう一度聞き直して齟齬がないか確かめる。こうしてどんどん聞き書きノートをふくらませていくのだった。
 こうした熊楠に1通の書簡が届けられた。柳田国男からで「平日深く欽仰の情を懐きおり候ところ……突然ながら一書拝呈仕り候」と辞を低くして「山男」に関する熊野の伝承の提供を請うものだった。『東京人類学会雑誌』(明治44年2月刊)に、熊楠が投じた「山神オコゼ魚を好むということ」が機縁となっての文通で、以後頻繁な書簡の往復を重ねる。そのうち熊楠から「欧米各国みなフォークロア・ソサエティーあり、わが国にも設立ありたきものなり」と呼びかけ、柳田がそれに応えて、草創期の日本民俗学は大きな一歩を踏み出すのであった。
 当時、熊楠の学問に注目した人に高木敏雄、宮武外骨、三田村鳶魚、本山桂川、三村竹清、折口信夫、岡茂雄らがおり、熊楠はその時々に原稿を寄せて、執筆誌は40数種におよんでいる。
幼少年期(慶応3年〜明治16年)東京修学時代(明治16年〜明治19年)在米時代(明治20年〜明治25年)在英時代(明治25年〜明治33年)帰国から那智へ(明治33年〜大正2年)神社合祀反対運動南方植物研究所民俗学植物学進講・進献熊楠を助けた人々没後の顕彰南方熊楠略年譜
【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED