バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース5月NEW!
取材申込
取材をご希望の方へNEW!
くまぐす募金
寄付者ご芳名NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(6月)(7月)(8月)
=休館日
「知の巨人」の生涯
世界を駆け抜けた博物学者〜南方熊楠
新・田辺市民読本「南方熊楠」より
■植物学
 植物学者・南方熊楠について両極端の評価がある。「植物学の大家である」という評価と「偉大な文学者であっても偉大な植物学者ではない」というものである。
 熊楠が主として研究した植物は、シダ、コケ、藻類、地衣類、キノコなどの花を咲かせない植物、すなわち隠花植物である。在米時代に菌類学者カルキンスから隠花植物研究の手ほどきを受け、植物の宝庫であるフロリダ、キューバヘ採集に出かけたことが若い熊楠に強い影響を与えたようだ。
 隠花植物の仲間に、奇妙な生物・粘菌がいる。「変形菌」とも呼ばれ、「菌」とつくにもかかわらずアメーバのような生活をする。成熟すると、キノコのように胞子を作って休眠する。胞子は、発芽して再びアメーバになる。系統上、生物界のどこに位置するか定説がない。現在のところ菌類に所属されたり、原生動物として扱われたりしている。熊楠は、この粘菌に強く引かれて研究した。アーサーとグリエルマのリスター父娘との共同研究によって、熊楠は日本産粘菌の種数を、この方面の研究の先進国であるイギリスやアメリカに次ぐ数にまで高め、日本の粘菌研究史に輝かしい足跡を残した。
 しかし、熊楠は、粘菌だけではなく、淡水産の藻や「真菌類」と呼ばれるキノコにも大きな力を注いでいる。丹念に作られた4,000枚以上の藻の顕微鏡用プレパラート標本と詳細な英文説明の付いた3,000種を超えるキノコの彩色図が残されている。
 ところが不思議なことに熊楠は、粘菌の目録以外にはほとんどまったく隠花植物研究の成果を発表していない。発表していなければ評価の仕方がないのである。噂だけが流れたために評価が極端に分かれてしまったのだろう。南方熊楠の植物学者としての正しい評価は、彼の残した莫大な数の標本が整理されて研究されるまで待たなければならない。
幼少年期(慶応3年〜明治16年)東京修学時代(明治16年〜明治19年)在米時代(明治20年〜明治25年)在英時代(明治25年〜明治33年)帰国から那智へ(明治33年〜大正2年)神社合祀反対運動南方植物研究所民俗学植物学進講・進献熊楠を助けた人々没後の顕彰南方熊楠略年譜
【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED