バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(3月)(4月)(5月)
=休館日
「知の巨人」の生涯
世界を駆け抜けた博物学者〜南方熊楠
新・田辺市民読本「南方熊楠」より
■熊楠を助けた人々
 熊楠を物心両面から援助した人としては、横浜の平沼大三郎、神戸の小畔四郎、東京の上松蓊、田辺では毛利清雅、喜多幅武三郎らが挙げられる。いずれも熊楠が晩年にかけてもっとも頼みとした人びとである。平沼は母子ともども熊楠一家の生活のことに意を用い、小畔は調査の費用(たとえば第1回高野山調査行など)をかなりの部分で負担し、上松は熊楠の研究に必要な書籍、筆記具、顕微鏡などあらゆる要請を一手に引き受け、買い整えるといった協力ぶりである。
 これに対して毛利は「牟婁新報」社主、後には「紀伊毎日新聞」社長といった言論人であり、県会議員としても発言力がある。熊楠の神社合祀反対運動に惜しみなく紙面を提供し、自らも同調して行動した。熊楠の逸話を彩る県議選選挙事務長就任の話も、友人の毛利の劣勢をはね返すには何か奇手を編み出さなければと、川島友吉(草堂)らの献策で急に決まったことである。ためらう熊楠に、せめて2日か3日でもと川島は説き、熊楠も、いままでの友情と神島保存の今後を思うと、今度の県議選には毛利をぜひとも勝たせたい、そういう思惑も交錯しての承諾だった。推薦演説に熊楠が立つ、この噂はたちまち広がり、演説会場は近郊の人を含めて超満員、推薦の辞を代読する人のそばで熊楠はただ椅子に腰を掛けているだけだったという。作戦は図にあたって毛利は辛勝。神島が国の天然記念物に指定されるよう、熊楠を助けて奔走した。
 喜多幅は和歌山中学での同級生であるが、入学の2日前に出会った友として熊楠は他の同級生と区別して特に親しくしている。田辺に来住したのもその縁であり、熊楠一家の主治医として終生の交わりだった。喜多幅没後、暗夜の灯火を失いめっきり心弱くなった、と熊楠はいう。
 昭和16年12月29日に、熊楠は74歳の生涯を閉じた。亡くなる前日、床に着く際に、「天井に紫の花が一面に咲き実に気分が良い。頼むから今日は決して医師を呼ばないでおくれ。医師が来れば天井の花が消えてしまうから」と言い残したという。それから夜中に「野口、野口、文枝、文枝」と大声で叫んだ。野口利太郎は闘病生活を送る熊弥の面倒を見た人物で、2人の子供に対する思いを託した言葉であった。この言葉を聞き取った長女文枝は、亡くなるまで自分の名前を「熊弥」に代えて語り継いだ。
 熊楠の没後、妻の松枝、文枝、娘婿にあたる岡本清造らの手により、書庫に残された膨大な蔵書や資料は大切に保存された。和歌山、東京、アメリカ、キューバ、ロンドン、那智、そして田辺にいたる熊楠の無限の知的好奇心の跡を示す数万点の資料は、ほとんど当時のままで、未来の世代に継承されることになったのである。
幼少年期(慶応3年〜明治16年)東京修学時代(明治16年〜明治19年)在米時代(明治20年〜明治25年)在英時代(明治25年〜明治33年)帰国から那智へ(明治33年〜大正2年)神社合祀反対運動南方植物研究所民俗学植物学進講・進献熊楠を助けた人々没後の顕彰南方熊楠略年譜
【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED