バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース5月
取材申込
取材をご希望の方へNEW!
くまぐす募金
くまぐす募金にご協力をNEW!
寄付者ご芳名NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
=休館日
「知の巨人」の生涯
世界を駆け抜けた博物学者〜南方熊楠
新・田辺市民読本「南方熊楠」より
■没後の顕彰
 戦後間もなく、大蔵大臣で民俗学者でもあった渋沢敬三は昭和天皇から熊楠の逸話めいたものを聞かされた。昭和4年の田辺での進講の時の話で「南方には面白いことがあったよ。長門(注、御召艦)に来た折、珍しい田辺付近産の動植物の標本を献上されたがね。普通献上というと桐の箱か何かに入れて来るのだが、南方はキャラメルのボール箱に入れて来てね。それでいいじゃないか」というものだった。
 その頃、渋沢はミナカタ・ソサエティを結成して顕彰事業に着手していた。「ミナカタ・クマグス展」の開催と著作集の刊行であった。展覧会は昭和26年東京・大阪をはじめ全国の4ヵ所で開かれ、同時に『南方熊楠全集』(全12巻)も翌年にかけて出版された。
 昭和37年5月、昭和天皇は南紀に行幸され、宿舎から雨に煙る神島を目のあたりにされた。33年前、熊楠の案内で神島に粘菌を探られた日も雨であった。「雨にけふる神島を見て紀伊の国の生みし南方熊楠を思ふ」―翌38年1月1日の新聞に発表されたこのお歌が、その後の熊楠顕彰に大きなはずみとなり、昭和40年には白浜町に南方熊楠記念館が開館。熊楠の超人的な足どりが人びとの前にようやく明らかになった。
 田辺市では没後50年にあたる平成3年に向かって始まった南方ブームから、熊楠顕彰の気運が高まり、南方熊楠邸保存顕彰会が組織された。また、熊楠の長女にあたる南方文枝の依頼から始まった邸書庫の蔵書・資料類の調査は顕彰会が中心となり、研究者により引き続き進められることとなった。平成12年に文枝が亡くなった後、その遺志によって旧邸と蔵書・資料はすべて田辺市に遺贈され、平成18年には旧邸隣地に南方熊楠顕彰館がオープンした。
 この間、熊楠の基礎資料の整備が進み、『南方熊楠邸蔵書目録』、『南方熊楠邸資料目録』が完成、またさまざまなかたちで資料のデジタル化・データベース化が進められてきた。今後は未刊行の部分の多い日記や書簡など重要資料の翻刻が、顕彰館を中心におこなわれようとしている。基本資料が整備されるにつれ、熊楠をより多角的に分析するような研究もさかんに行われるようになった。南方熊楠の学問は、21世紀において大きな可能性をもつ人類の知的財産になろうとしているのである。
幼少年期(慶応3年〜明治16年)東京修学時代(明治16年〜明治19年)在米時代(明治20年〜明治25年)在英時代(明治25年〜明治33年)帰国から那智へ(明治33年〜大正2年)神社合祀反対運動南方植物研究所民俗学植物学進講・進献熊楠を助けた人々没後の顕彰南方熊楠略年譜
【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED