バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(5月)(6月)(7月)
=休館日
「知の巨人」の生涯
世界を駆け抜けた博物学者〜南方熊楠
新・田辺市民読本「南方熊楠」より
■南方熊楠略年譜
1867年5月18日(慶応3年4月15日)和歌山城下橋丁に父南方弥兵衛、母すみの二男として生まれる。
1883年(明治16) 和歌山中学校(現和歌山県立桐蔭高校)卒業。
1884年(明治17) 東京大学予備門(現東大)に入学。
1886年(明治19) 大学予備門を中退、同年12月渡米。
1887年(明治20) ミシガン州立農学校へ入学。
1888年(明治21) 11月同校退学、アナーバー市に移る。この頃ミシガン州産諸菌(151種)を集める。
1891年(明治24) キューバに渡り、植物採集をつづけ、地衣新種”グアレクタ・クバナ”を発見。
1892年(明治25) 9月渡英、翌年天文学に関する論文を『ネイチャー』に寄せる。
1895年(明治28) 大英博物館の嘱託となり、東洋図書目録を編さん。
1897年(明治30)孫逸仙(孫文)と交際を深める。 博物館蔵書の抜書を継続し、全52巻に達する。
1899年(明治32) 大英博物館をはなれる。この頃『ノーツ・アンド・クエリーズ』に寄稿をはじめる。
1900年(明治33) ロンドンより帰朝、和歌山市内に居住。
1901年(明治34) 南方酒造の支店がある勝浦へ移る。
1902年(明治35) 植物採集のため、那智へ移る。
1904年(明治37) 田辺・中屋敷町多屋家の持家を借りる。
1906年(明治39) 闘けい神社宮司田村宗造四女松枝と結婚。
1907年(明治40) この頃より田辺抜書を継続、全61冊におよぶ。長男熊弥生まれる。
1909年(明治42) 神社合祀反対運動をはじめる。
1910年(明治43) 田辺・中屋敷町藤木八平の別宅へ転居。
1911年(明治44) 10月13日長女文枝生まれる。
1916年(大正5) 田辺・中屋敷町36番地に敷地約400坪の家を求め終生住む。
           自宅の柿の木で粘菌新属を発見。
1921年(大正10) 粘菌新属が”ミナカテラ”と命名される。
1922年(大正11) 南方植物研究所設立資金募集のため上京。
1926年(大正15) 『南方閑話』、『南方随筆』、『続南方随筆』刊行。イタリアのプレサドラ大僧正の菌図譜出版にさいし、名誉委員に推される。
1929年(昭和4) 6月1日紀南行幸の昭和天皇に田辺湾神島で進講。
1930年(昭和5) 6月1日神島に行幸を記念して自詠自筆の記念碑を建立する。
1935年(昭和10) 12月24日神島が国の天然記念物に指定される。
1941年(昭和16) 12月29日没。74歳で永眠。稲成村(現田辺市稲成町)の真言宗高山寺に葬られる。
幼少年期(慶応3年〜明治16年)東京修学時代(明治16年〜明治19年)在米時代(明治20年〜明治25年)在英時代(明治25年〜明治33年)帰国から那智へ(明治33年〜大正2年)神社合祀反対運動南方植物研究所民俗学植物学進講・進献熊楠を助けた人々没後の顕彰南方熊楠略年譜
【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED