バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース5月NEW!
第9回国際変形菌類分類生態学会議NEW!
取材申込
取材をご希望の方へNEW!
くまぐす募金
寄付者ご芳名NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(6月)(7月)(8月)
=休館日
「知の巨人」の生涯
世界を駆け抜けた博物学者〜南方熊楠
新・田辺市民読本「南方熊楠」より
■東京修学時代(明治16年〜明治19年)
 明治16年、上京した熊楠は、神田の共立学校(現在の開成学校)に入学した。そこで英語を教えていた高橋是清は南方をナンポウと呼んで生徒を笑わせ、ランボウ君とも言うのには閉口した、と後年の回想にある。
 1年後、大学予備門(現在の東京大学教養学部)に入学してからは、「授業など心にとめず、ひたすら上野図書館に通い、思うままに和漢洋の書物を読みたり」という生活だった。和歌山で友人宅の本を興にまかせて借り歩いたのとは違い、ここには天下の書が手に届くところにあり、本好きの熊楠は胸を躍らせた。当時、図書館などで筆写したノートは、学校の課外に書きつける意味から「課余随筆」と名付けられ、この名での筆写は後の渡米後も続く。
 一方、当時日本に進化論をもたらしたアメリカの生物学者E・S・モースの講義録『動物進化論』を購入している。モースの発見した大森貝塚に出かけて獣骨や土器を拾い、またモースの調査拠点であった江ノ島で貝類や甲殻類を集めたことが日記や残された資料からわかる。また、朝鮮で起きた甲午事変における日本の関与に関心を持って報道を追っていたことや、世界を舞台にした政治小説である東海散士『佳人之奇遇』に心を躍らせるという面もあった。
 熊楠の下宿は神田錦町にあり、和歌山出身の学生がたむろしていたようで、早朝から湯島の湯屋へいって珍芸を披露したり、万世橋近くの白梅亭という寄席に通って興じたりしたようだ。予備門同級生の秋山真之や正岡子規なども寄席で唄われる奥州仙台節を夢中になって稽古していたという。熊楠も「よしこの節」を自分より上手に唄うものはいないと自負している。
 こうして正規の授業に身を入れなかったむくいからか、熊楠は中間試験で落第が決まり、「疾を脳漿に感じて」予備門を明治19年に退学、故郷和歌山に帰った。
幼少年期(慶応3年〜明治16年)東京修学時代(明治16年〜明治19年)在米時代(明治20年〜明治25年)在英時代(明治25年〜明治33年)帰国から那智へ(明治33年〜大正2年)神社合祀反対運動南方植物研究所民俗学植物学進講・進献熊楠を助けた人々没後の顕彰南方熊楠略年譜
【HOME】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED