バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース5月NEW!
第9回国際変形菌類分類生態学会議NEW!
取材申込
取材をご希望の方へNEW!
くまぐす募金
寄付者ご芳名NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(6月)(7月)(8月)
=休館日
お知らせ
悼 伊藤 嘉昭先生(第17回南方熊楠賞受賞・名古屋大学名誉教授)が逝去されました
ご冥福をお祈り申し上げます
 第17回南方熊楠賞をご受賞(2007年4月14日)された伊藤嘉昭先生が、5月15日にご逝去されました。
当時、青木淳一選考委員長(横浜国立大学名誉教授)は、選考報告のなかで、先生の研究業績のご紹介とともに、次のように伊藤先生をご紹介されました。

「伊藤氏は、生態学や社会生物学が胎動し始めた時代に、それらの学問をいちはやく取り入れ、先駆的な業績を公表し、そしてそれを一般に広く紹介した学者であると同時に、科学者の使命を敏感に感じ取り、自然の保護のために奔走した情熱と反骨の科学者でもある。氏の姿には、学問と自然保護に心血を注いだ南方熊楠翁の姿が重なって見える。」

 ここに改めて、伊藤嘉昭先生のご功績、並びに南方熊楠顕彰へのご尽力に対し敬意と感謝を申し上げますとともに、南方熊楠賞ご受賞時のコメントとお写真を紹介し、衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

南方熊楠賞受賞コメント

 私は名古屋大学名誉教授という肩書きはありますが、大学を出ておらず、16年間メーデー事件で裁判を受け、農林省を休職でいました。その点で、若い頃イギリスですばらしい仕事を発表していながら日本では大学から呼ばれず、紀州の山中で仕事を続けられた南方熊楠氏の記念の賞をいただけることはとても嬉しいです。
 私は20歳で生態学の研究を始め、動物個体数の変化、動物の社会行動とくに性行動の進化を研究し、1972-78年には「復帰」直後の沖縄で「不妊虫放飼法」による侵入害虫ウリミバエの根絶にたずさわり、世界的な成功(1993年琉球列島全域からの根絶成功)の基礎を固めました。最近は沖縄本島北部のやんばるのすばらしい自然が破壊されつつあることに驚き、自然保護に加わる中でこの地域の生物多様性の豊かさを示そうと種多様度指数の検討を行い、測定値(日本一多様のようです)を公表しています。
 もう年寄りですが、受賞を良い刺激として、今後も頑張りたいと思います。
【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED