バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース2月NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(5月)(6月)(7月)
=休館日
お知らせ
≪シンポジウム+上映会≫紀行映画「熊野路」と南方熊楠―新発見の南方熊楠映像資料をめぐって―
「紀州地域学共同研究会 研究集会─2017春」
「紀州地域学共同研究会 第4回 研究集会―2017春」が3月17日〜19日の間和歌山県立情報交流センター・Big-Uで開かれます。
3月19日には≪シンポジウム+上映会≫「紀行映画「熊野路」と南方熊楠―新発見の南方熊楠映像資料をめぐって―」を開催します。


◎趣意
 2015(平成27)年秋、NHK和歌山放送局に於いて、子爵・野村益三(1875-1959)が1935(昭和10)に撮影した映画の中に、南方熊楠(1867-1941)の映像が残されていることが確認された。映画は「熊野路」と題された15分ほどの紀行フィルムである。紀北の和歌山城や和歌浦から始まり、紀南の白良浜、田辺、中辺路を経て瀞峡、那智へと至る旅路と、各地の名所が映像で紹介されている。
 田辺の場面では「この国第三の都 名高きものに、扇の松原、神島、白浜温泉、白良々の浜、円月島、崎の湯、千畳敷、臨海研究所、而して又南方翁あり」という説明書きに続いて、各名所の映像が流れるのにまじって、自邸の庭に佇む南方熊楠の映像が20秒ほど映し出される。南方の肖像については多くの写真が残されているが、動画映像が出現したのは、これが初めてである。南方は夏目漱石や正岡子規と同年齢であるが、この世代の人物が映像で残されていたということ自体が稀であり、奇跡的な発見といえよう。そして南方熊楠にまつわる貴重な資料であることは間違いない。
 また、この映画に収められた当時の和歌山県各地の映像も、それぞれ大変貴重な記録となっている。和歌山城については、1945(昭和20)年の大空襲で焼失する以前の姿を映像として伝えており、和歌浦では和歌祭の様子を捉えている。紀南の名所や人々の姿についても、今では失われた景観の数々が映像に留められている。
 本企画では映画「熊野路」を、発見後はじめて全篇上映するとともに、その内容について多角的に検討をしてみたい。地域の方々にも、お気軽にご来場いただければ幸いである。


日時:2017年3月19日(日)9:30〜12:00(開場9:00)
会場:和歌山県立情報交流センターBig・U
   多目的ホール(和歌山県田辺市新庄町3353-9)
定員:200名
入場:無料
申込:不要

《パネリスト》
◆田村 義也氏(成城大学非常勤講師・南方熊楠顕彰会学術部長)
「昭和10年の南方熊楠:新出映像のもつ意味」
◆岸本 昌也氏(武蔵大学非常勤講師)
「野村益三子爵と映画『熊野路』」
◆土永 知子氏(和歌山県立田辺高等学校教諭・南方熊楠顕彰会学術部委員)
「映像に見る熊野路の植生」
《司会》
◆杉山 和也氏(青山学院大学大学院博士後期)

「紀州地域学共同研究会 研究集会―2017春」ポスター

紀州地域学共同研究会 研究集会―2017春

◯紀州地域学共同研究会についてはこちらをご覧ください。
【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED