バック写真01 南方熊楠顕彰観
ホーム

150周年記念事業
プレスリリース5月NEW!
第9回国際変形菌類分類生態学会議NEW!
取材申込
取材をご希望の方へNEW!
くまぐす募金
寄付者ご芳名NEW!
イベント案内
過去の展示
顕彰館へようこそ
施設のご案内
「引作の大クス」の大枝NEW!
収蔵品
所蔵資料サンプル  画像NEW!
建設の経緯
ご利用案内
パンフレット(jpg)NEW!
登録有形文化財
旧南方家住宅
(南方熊楠邸)
登録文化財
南方家住宅
NEW!
半生を過ごした旧邸
「知の巨人」の生涯
熊楠の足跡と業績
南方熊楠ゆかりの地
熊楠ゆかりの地NEW!
残響の熊野PartUNEW!
名勝 南方曼陀羅の風景地NEW!
南方熊楠賞
南方熊楠賞とは
第27回南方熊楠賞NEW!
歴代受賞者
ふるさと納税
ふるさと田辺応援寄付金NEW!
南方熊楠顕彰会
南方熊楠顕彰会と顕彰館
顕彰会の組織
顕彰会の活動
ご入会方法NEW!
機関誌『熊楠ワークス』 バックナンバーNEW!
学術研究
顕彰会学術部
各種申請
各種申請様式
所蔵資料サンプル 画像NEW!
データベース
所蔵資料・蔵書一覧NEW!
グッズ・書籍販売
刊行物
オリジナルグッズNEW!
関連書籍
お知らせ
ニュース・イベントNEW!
H29年度 開館カレンダーNEW!
関係機関リンク
南方熊楠顕彰会のホームページNEW!
南方熊楠顕彰会のスタッフブログ
南方熊楠顕彰会のFacebookページNEW!
田辺市
田辺市熊野ツーリズムビューロー
田辺観光協会
南方熊楠記念館
国立科学博物館
リンク集

個人情報保護
サイトポリシー
お問い合わせ
休館日カレンダー
(6月)(7月)(8月)
=休館日
南方熊楠賞
第27回南方熊楠賞受賞者
加藤 真(かとう まこと)
京都大学大学院 人間・環境学研究科教授
生年月日:1957年(昭和32年)12月12日(59歳)
学位:農学博士(1986年 京都大学)
専門:生態学
略歴
1957年5月  静岡県生まれ。
1980年3月  京都大学農学部農林生物学科卒業
1980年4月  京都大学大学院農学研究科修士課程(農林生物学専攻)入学
1982年3月  京都大学大学院農学研究科博士後期課程(農林生物学専攻)進学
1986年1月  同修了 京都大学農学博士
1986年2月  京都大学農学部研修員
1987年1月  同修了
1988年2月  京都大学教養部助手
1992年4月  京都大学総合人間学部助教授
1997年4月  京都大学大学院人間・環境学研究科助教授
2002年4月  京都大学大学院人間・環境学研究科教授

受賞歴
2007年3月  日本生態学会賞

研究活動
主な研究テーマ
・さまざまな生態系における共生のネットワーク
・花と送粉昆虫の共進化
・熱帯雨林を含む、さまざまな食性における訪花昆虫群集
・コミカンソウ科における絶対送粉共生系
・潜葉虫の個体群動態と寄生蜂群集
・潜葉虫の潜孔様式の多様性と進化
・昆虫における植物食の起源
・貝を中心にした海岸生物の生態と進化
・汀線の自然史
・さまざまな生物群の自然史

学会活動
日本生態学会(自然保護専門員会委員長ほか)、種生物学会、日本昆虫学会、日本貝類学会

主要著書
『日本の渚-失われゆく海辺の自然』(岩波新書、1999年)、『生命は細部に宿りたまう―ミクロハビタットの小宇宙』(岩波書店、2010年)、『Obligate pollination mutualism』(Springer、2017年、川北篤と共編、近刊)、『花に引き寄せられる動物 花と送粉者の共進化』(平凡社、1993年、井上民二と共編)、『日本の昆虫群集−すみわけと多様性をめぐって』(分担執筆:「潜葉虫をめぐる寄生蜂群集の構造と機能」、東海大学出版会、1997年)、『花に引き寄せられる動物−花と送粉者の共進化』(分担執筆:「送粉者の出現とハナバチの進化」、平凡社、1992年)、『昆虫個体群生態学の展開』(分担執筆:「寄生蜂の群集構造と寄主潜葉虫の個体群動態」、京都大学出版会、1996年)、『多様性の植物学 1 植物の世界』(分担執筆:「送粉様式の多様性」、東京大学出版会、2000年)、『海のアジア−海のパラダイム』(分担執筆:「アジアの海洋環境と生態系」、岩波書店、2000年)、『野生生物と地域社会—日本の自然とくらしはどうかわったか』(分担執筆:「奄美の渚−生物多様性と神話に彩られた自然」、昭和堂、2002年)、『日本の動物はいつどこからきたのか−動物地理学の挑戦』(分担執筆:「小笠原諸島の動物は生き残れるか」、岩波書店、2005年)』(分担執筆:「奄美の渚−生物多様性と神話に彩られた自然」、昭和堂、2002年)、『節足動物の多様性と系統』(分担執筆:「花と昆虫にみる共進化」、裳華房、2008年)、『海と生命』(分担執筆:「共生の視点から見た陸上生態系と海洋生態系」、東海大学出版会、2009年)、『奇跡の海』(分担執筆:「瀬戸内海の原風景と生物多様性」、東海大学出版会、2010年)、『絵かき虫の生物学』(分担執筆:「潜葉生活への数奇なる適応」、北隆館、2011年)、『生老病死のエコロジー−チベット・ヒマラヤに生きる』(分担執筆:「高地の誕生と動・植物の適応」、昭和堂、2011年)ほか。

主要論文
Kato M, Inoue T. (1994) Origin of insect pollination. Nature 368: 195.
Kato M. (1995) The aspidistra and the amphipod. Nature 377: 293.
Kato M. (1996) Effects of parasitoid community structure upon the population dynamics of the honeysuckle leafminer, Chromatomyia suikazurae (Diptera: Agromyzidae). Researches on Population Ecology 38: 27–40.
Kato M. (1996) Plant–pollinator interactions in the understory of a lowland mixed dipterocarp forest in Sarawak. American Journal of Botany 83: 732–743.
Kato M, Takimura A, Kawakita A. (2003) An obligate pollination mutualism and reciprocal diversification in the tree genus Glochidion (Euphorbiaceae). Proceedings of National Academy of Sciences of the United States of America 100: 5264–5267.
Kato M, Kawakita A. (2004) Plant–pollinator interactions in New Caledonia influenced by introduced honey bees. American Journal of Botany 91: 1813–1826.
Kato M. Kosaka Y, Kawakita A, Okuyama Y, Kobayashi C, Phimminith T, Thongphan D. (2008) Plant–pollinator interactions in tropical monsoon forests in Southeast Asia. American Journal of Botany 95: 1375–1394. ほか、計164篇

【BACK】
 
南方熊楠顕彰館
MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES
〒646-0035 和歌山県田辺市中屋敷町36番地 TEL0739-26-9909・FAX0739-26-9913
Copyright 2006. MINAKATA KUMAGUSU ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED